乾電池を死ぬレベルの電流になるほど用意して直列に並べ、さらにそれと自分を繋いでみようなんて…もともと死ぬ気満々な人じゃない限りやらないのではないかと思いますが、万が一を考えるととてもためになりますね!w
それにしても「死ぬぅっ。」が印象的過ぎて色々と頭に入ってきません。もっと他にも表現方法があったのでは…。彼一人に電池の危険性を背負わせるのは少々荷が重い気がします。世界広しと言えども、たった1ページの間に8回も殺されかけるってなかなかないですよね。恐ろしや。