これは多くの人がこういう場面に出くわしたことがあると思います。愚痴を聞いてもらうときはどちらかというと肯定してもらいたい気持ちが強いため話すことがありますが、それとは逆に否定されたり、説教されたりされるとムッときたり、落ち込んだりしてしまいますねw愚痴を言う相手にもよりますがまずとりあえず聞いてもらいたい気持ちと共感してもらいたい気持ちが強いのだと思います。愚痴を言うときは相手を見て話した方がいいですねw