概要を見ると殺人事件が話の軸になるだけに内容としては重いとは思いますがある意味女性の方にとっては、別の楽しみ方ができるのかもしれんwまだ公開してそれほど立っていないので映画好きの方や腐女子の方でも見に行ってはいかかでしょうか。
『怒り』は、原作は吉田修一の小説になります。上・下編の二部構成で中央公論新社から同日発売されました。2016年9月に監督李相日、主演渡辺謙で映画化されました。第41回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門、第64回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門出品作品。