あまりにも突然のことで驚きを隠せません。今年で連載約40年を迎えることと200巻という節目だったこともあり作者の秋本治先生も思うところがあったのかもしれませんがやはり読者としては悲しいものです。
時代が変わり自分たちが歳を重ねたとしても常にジャンプに載っていて笑いや感動を与えてもらえたことに感謝したいです。
今後たびたびジャンプに帰ってくる可能性や秋本先生の新作の構想もあるみたいなのでそちらに期待しつつまずは秋本先生お疲れ様でした。